オンラインで名刺を作った

みなさんは名刺、持ってますか?

社会人なら持っている方のほうが多いか。

名刺なんて必要ない!という方もいるでしょうね。

 

今回は名刺の是非を語る、ではなく。

 

オンラインで名刺つくってみた(ちょっと前だけど)

ときのことを書きます。

いまさらですね。でもぼくははじめてだったのでご海容ください。

 

f:id:Toh-matu:20180824181202p:plain

 

前提として、ぼくは特定の会社に所属しているわけではありません

(ちょっとグレーというか専業という意味では、です)

名刺は会社が用意してくれたのがあるのですが、

 

デザインが、ださい。

 

名刺 オンライン

で検索すると、出るわ出るわ。

いまって本当に便利な世の中になりましたね。

今回は(いろんあ意味で有名な)プリントパックにしました。

 

f:id:Toh-matu:20180824175846p:plain

 

この感じ、たまらないですね。

いったいどこをクリックしたらいいのか…

 

このときはキャンペーンがありまして、

100枚500円だったんです。

500円!!

 

f:id:Toh-matu:20180824180039p:plain

 

名刺が必要な時期(4月とか)にキャンペーンやってるところが多い

そんな気がします。

 

どんな名刺にしようかなーって思って、

さくっと自作します。

ちょっと難しいのが、データ入稿のやり方というか、

フォーマット指定とかがぱっと見では分からないんです。

 

ぼくの場合、パワーポイントでつくりました。

普段はKeynoteばっかり使っていますが、

パワポ使ったの何年ぶりなんだろ。

しかも使い方よくわからん。

パワポ使っている方、Keynoteつかってみてください。

使いやすすぎてびっくりしますよ。

 

名刺はまだ公開できません。

時が来たらお見せします。

 

実際に名刺が届いたのは、郵送ふくめて4日後くらいでした。

で、プリントパックいいなぁって思ったのは、

途中経過をメールで報告してくれるんです。

 

入稿を確認しました

とか

原稿を調整しています(たしかこんな感じでした)

とか

印刷を開始します

 

カスタマーにとってはよい会社ですね

(他意はありません。ふふふ)

 

ぼくが次に名刺をつくるなら、

 

名刺のデザインを外注したい!

 

これです。

テンプレートもあって、自分でもデザインできる。

しかしぼくにはせんすがない。

 

やっぱその道のプロに頼むのが一番だと、

手元にある名刺をみながら思うわけです。

 

いまはデザイナーとぼくをつないでくれる

素敵すぎるサービスがたくさんあるわけです。

Skillotsとか。

www.skillots.com

 

まだ使ったことないので、こんどやってみよう。

このブログのアイコンもほしいところ。

いまは犬ですが、人間になりたいの。

 

ということで、名刺を作るという話から、

いつの間にかアイコンをつくりたい話になりました。

 

こだわりの名刺、つくりたい。