学生だけど自立できました。ただし、大学院で。

f:id:Toh-matu:20181007001726p:plain

 

学生時代、僕は完全に親の脛をかじっている状態でした。

でも学生時代のうちに、自立することができました。

でも、大学を卒業して、大学院に入ってからです。

 

大学院って、(どこに入学するかでかなり違いますが)学部よりも学費が安いんです。

僕が入学した大学院は学費が60万円くらい。

実際には、学費の減免・免除を受けることができるため、

半分以下の学費しかかかりませんでした。

 

ちなみに僕の場合は全額免除だったため、授業料以外の金額だけで済んだのです。

本当にありがとうございます。いろんな面でご恩返ししてます(強調)

 

なので、僕が親の援助を受けずに自立できたのは、大学院に入学してからです。

ただし、親からの精神的な援助はずっと受けてきました。

たぶん、今に至るまで、ずっと親から助けてもらっています(お金以外で)

 

お金の話ばかりで申し訳ないのですが、でもお金は大切です。

 

大学院の学費分は、自分で都合することができました。

学内でバイトもしていましたし、奨学金ももらっていました。

 

大学院に入学したい!と親に伝えた時、

「えっ?本当??」という顔をされたこと、いまだに思い出します。

僕が大学を卒業したのは、リーマンショックの前です。

世間では、比較的卒業しやすいと言われていた頃。

 

両親からしてみたら、

大学を卒業して、

そこそこの会社に入って、

結婚して子供をつくって、お嫁さんと子供と一緒に帰省する

 

というのが「楽しみ」だったと思うんです。

痛いほどわかります。普通の人生は、実はかなり頑張って手に入れるものですから。

 

僕はそのような人生を歩まなかったわけです。

 

大学院に入って、

修了したと思ったらほぼフリーランスの道に進んで、

結婚せず、子供もつくらず、

でも頻繁に帰省する

 

とんでもない息子ですね。

 

ごめんなさい、そしてありがとう。

だって東京と新潟って、わりと近いんだもん。

 

大学院に入ってしばらくした頃、親に言われたことがあります。

「大学院ってのは、俺が知らない世界だから聞いていて面白い」

 

僕の親は高校を出て働き始めました。

大学生活は伝聞で知っていました。

曰く、「大学生は遊んでばかりいる」

 

間違っていません。というよりも、それが正しい大学生です。

 

僕が思う大学生の仕事は3つ。

  1. 遊ぶこと(失敗すること)
  2. 時間がかかることをすること(睡眠、旅行、無駄な時間)
  3. ついでに勉強すること

経済構造の高度化によって、「大人」になるまでの時間は長くなります。

大人になるまでに経験しておかなければならないことは、

実はたくさんある、と思っています。

 

大学生は、遊ぶことでさまざまな経験をします。

そのなかで社会での自分なりの立ち位置を決めていきます。

 

大学は無駄だという議論もありました。僕は反論を書きました。

 

www.toh-log.com

 

何も考えずに進学した人も、

在学中に目標を見つけた人も

ごく少数ですが、明確な目標を持って進学した人も、

 

大学という、単位以外は究極に自由な空間・時間を手に入れることが保障されています。

ちなみに僕は、大学の先生を大いに活用すべきと考えます。

 

www.toh-log.com

 

このように考えることができたのも、大学院まで行ったからです。

社会人とは違って、時間的にも、「身分」的にも、学部時代の自分を反省することができました。

 

「自立って何だろう?」

こんな曖昧模糊としたテーマを設定するはてな様も意地悪ですね。

そんなテーマを選択してしまった僕もなかなかの性悪です。

 

結論。

親に感謝。

 

親は当初、全く理解してくれませんでした。

僕は、親を説得することをしませんでした。

とにかく、日々の大学院生活を話しまくりました。

だって楽しかったし、辛かったからです。

そのうち、親は「そういうもんか」という感じになりました。

そのうち「こんな世界もあるんだな」となりました。

 

爾来、両親は僕のキャリアパスを面白がってくれています。

自立というのは、強い気持ちがあって実現するとは限りません。

 

僕みたいに、あんまり考えずにフラフラしていても、

環境と結果によって「自立」することはできます。

 

辛くとも面白い人生を送りましょう。

もちろん、就職したら就職したで、辛くて面白い人生だったかも。

あぁ、サラリーマンだったら人事部で活動したかった!