Apple Watchは僕の生活を豊かにしてくれるの?【これで3台目】

Apple Watch、僕は初代から使い続けておりまして、

今回のものが3台目になります。どんだけ買っているんだという話ですが…

 

Apple Watchって、「魅力を伝えるのが難しい製品」だと思います。

 

せいぜい「腕時計みるふりしてLINEの通知見れるよ!」

とかかなぁ。

もちろん、フィットネス中おおいに役立つんですが、なかなかそれを押し出して魅力を語るのは難しい。

 

初代、シリーズ2ときて、今回のシリーズ4。

買い換えようと思った理由は2つあって、

 

  1. やっぱりでかいよシリーズ2
  2. やっぱり遅いよシリーズ2

以上です。

これまでのApple Watchはやっぱり、腕時計としてはかなり大きくて、

立方体感がすごかったんですよね。

シリーズ4ではかなり薄型になりましたから、腕に馴染むようになったなーと思います。

f:id:Toh-matu:20181006221557j:plain

 

もう一つは、シリーズ2ではやっぱり挙動が遅い。

Apple Payを使うときにサイドボタンを2度押ししますが、

決済画面が出てくるまでタイムロスが結構あって、軽いストレスの原因になっていました。

 

シリーズ4は最新なだけあって、使っていてサクサクです。

 

f:id:Toh-matu:20181006221621j:plain


やっぱり美しいです。

 

で、シルバーのアルミニウムを購入したわけなんです。

「あれ?バンドは?」と思った方は鋭いです。

 

ケースの色はシルバーにするつもりでした。

初代はブラック。シリーズ2はホワイトセラミック(!)

これまでずっとシルバー以外を選択してきたわけですが、

やっぱり腕時計は王道がいいんじゃないかなと思い至った次第。

 

そうなると問題はバンドです。

さすがにホワイトのバンドで仕事に行くわけには…

となり、当初から予定していたダークブルーのものを購入しました。

 

お高いんじゃない?

大丈夫、僕が今まで持っていたのはホワイトセラミック。

メ●カリでかなりお高く売れまして。

ほぼ追い金なしでバンドも追加購入できました。

 

めでたしめでたし。

 

ということで本題です。

 

Apple Watchって、僕の生活を豊かにしてくれるものなの?

 

さっきもいった通り、僕はApple Watchを初代から購入しています。

ちょっとだけ思い出話にお付き合いください。

 

Apple Watchが発表されたのが2014年9月。

いまの社長であるクックさんが初めてつくったカテゴリーでした。

当時はウェアラブル端末こそ新しい時代の幕開け!という感じでした。

 

各社こぞってスマートウォッチを作り、

なかにはメガネ型の端末まで作ってしまうところも。

 

そういった流れにAppleも追随することは既定路線でして、

「iWatchが出るぞ!」という雰囲気の中で発表されました。

 

当初は100万円を超えるApple Watchも発売されたり、

ガチ高級路線も進むよ!というメッセージがびんびん伝わってきました。

 

クック社長がほこらしげにApple Watchを発表していました。

僕はもちろん、熱狂しました。これは絶対買わねばならぬ。

でも、どこかで思っていたことがあります。

 

「これ、何に使うんだ?」

 

iPhoneは、「電話と音楽とインターネットが1台でできるんだぜすごいだろ?すごいよな?」

という押し出しをしました。

たぶんこれは成功したと思うんです。

 

でも、Apple Watchはそういう明確なメッセージが(僕が聞いた範囲では)なかった。

僕はApple好きなので迷いもなく購入しましたが、

それでもやはり「時間を見る以外に使い道のない腕時計」でありました。

 

つまり、Apple Watchはアイデンティティが確立されていない製品だった、と僕は思っていました。

僕はアイデンティティを探し求めます。シリーズ2が発表されると速攻で

もっとも高価だったホワイトセラミックを購入します。

 

使い道がないApple Watch、じゃあ珍しい路線でいくしかない!

僕はそう考えたわけです。

 

LINEやメールの通知が出てくる。それくらいです。

「Apple Watchを買ったら、iPhoneを触る時間が減った!」

という(よいしょ)記事を見かけましたが、僕は変わりませんでした。

 

ただ、Appleのすごいところもわかっていて、

「一度出した製品(サービス)をブラッシュアップすること」にかけては、

すさまじい執念を持っているんです。

 

だから、最初は「何に使うんだこれ?」というものでも、

持ち続けていれば、アップデートを繰り返すたびに

「こんなこともできるようになった!」

「いつの間にか便利になってる!」

という体験が増えていきます。そして「なくてはならない製品」になっていきます。

 

Apple Watchシリーズ4はどうかって?

 

ごめんなさい。まだ、わかりません。

今日(5日)買ったばかりです。

「こんなに生活が豊かになったよ!」ということを見つけ次第、また記事にします。

 

ちなみに、

僕は腕が細いので40ミリ一択でしたが、平均くらいの腕の太さがあれば、44ミリでよろしいかと思います。

価格差はたったの3000円です。大きい方がいいです。断言します。

 

ちなみにその2。

バンドは複数持つべきだし、サードパーティ製のものも買ったほうがいい(絶対に)。

Amazonで検索したらたくさん出てきます。

 

ちなみにその3。

充電スタンドは買うべき。

 

ちなみにその4。

WatchOS5は最高です。細かいとこまでよく気が利く。