Apple Watchのマップは生活を豊かにしてくれる

Apple Watchシリーズ4を購入して2日目になります。

昨日の記事ではこんなことを書いてしまいました。

www.toh-log.com

 

Apple Watchは魅力を伝えるのが難しい製品。

そして、

何が魅力なのかこれから探してきます宣言。

 

 

Apple Watchを持っているからといって、劇的に生活が変化するわけではありません。

しいて言えば、通知を確認するのが楽になったくらいかな。

でも、言いっ放しでは無責任なので、「どうやって使おうかな」と考えていました。

 

今日はたまたま秋葉原で用事がありまして、その帰り道、上野で友人とご飯を食べる約束をしていたんです。

どうせだったら、秋葉原から上野まで歩いてしまおう!

 

そう考えた僕は、GoogleMapアプリで道案内を使おうとしたんです。

 

ん?

 

たしか、Apple Watchを使えば道案内できたはず!

そうです。Apple Watchにデフォルトで入っているマップアプリを使えば、

楽に移動できることを思い出したのです。

 

これを使わない手はありませんね。

使ってみてわかりましたが、道案内はApple Watchを使ったほうがいいです。

なぜなら、スマホをみながら歩くのは危険だから。

平日はサラリーマンばかりだからまだ安全です。

サラリーマンのみなさんって、スマホみながらでも回避できる能力を持っている人が多いように思います。

 

特殊な訓練を受けてるのかな?

 

休日だとそうはいかず、たいていの人はスマホを見たまま、歩いています。

危険!

 

Apple Watchなら、さっと見るだけ。しかも振動でも伝えてくれます。

 

f:id:Toh-matu:20181006230537p:plain

マップアプリを開くと、このような画面が出てきます。

(時間は気にしないでね)

検索を押してみると

 

f:id:Toh-matu:20181006232804p:plain

 

腕時計なので、文字入力には向きません(というかできません)

それ以外の手段で「どこに行きたいか」を入力することが求められます。

ここでおすすめなのは音声入力。

 

f:id:Toh-matu:20181006232859p:plain

 

Apple Watchを口に少し近づけて目的地を言えば、だいたい正しく認識してくれます。

賢い。

 

f:id:Toh-matu:20181006233007p:plain

(なぜか目的地が大宮駅になっていますが、気にしない)

あとはこんな感じで、「どちらに曲がればいいのか」というところまで教えてくれます。

 

以前のマップアプリだと「次の交差点を南西方向に曲がる」みたいな説明でした。

 

南西方向ってどっちだよ!!!

 

と、一人でつっこみまくっておりました(星で確認しろというのか)

が、現在ではちゃんと計算してくれるみたいです。

カーナビでは当たり前なんですが、地味に便利です。

 

交差点に近づくたびに、2度にわたって振動でお知らせしてくれます。

歩いていると、だいたい200メートル手前で1回、30メートル手前でもう1回。

ちらっと見ればいいだけなので、便利です。

 

しかもApple Watchシリーズ4、画面が大きくなったので視認性もUPしました。

 

f:id:Toh-matu:20181006233253j:plain

 

当たり前ですが、iPhoneのマップアプリと連動しております。

より広い情報を確認したい場合は、立ち止まって、iPhoneで確認しましょう。

 

Apple Watchで僕の生活は豊かになったのか問題

思い浮かんだのが、マップアプリの活用でした。

 

iPhoneをみるよりも、安全にわかりやすく目的地まで移動できます。

 

ただ、地味です。

 

まだまだ探していきますが、Apple Watchは僕にとって

地味に生活を豊かにしてくれそうです。

 

「Suica」あるじゃん!という声もありますよ。えぇ、もう届いております。

左手につけたApple Watchで、右側にある改札機にタッチするのが苦でなければ、とっても便利だと思いますよ。えぇ。

 

そんな曲芸みたいな動きできるわけないでしょ?!

(しようと思えばできるけど、嫌です。)

 

左側にもタッチできる改札機があればいいのになぁ(ちらっ)

完全に思いつきなんですが、

右側にしかタッチできないのって、僕が右利きだから不満を感じないのであって、

もし僕が左利きだったらどう感じたんだろう?

 

たまにあるんですよね。

Apple Watchで決済しようと思ったら、向かって右側に決済端末が置いてあること。

ウォッチをつけている方と反対側にタッチしなければならないこのムズムズ感。

あぁ、小さなストレス。

 

今回はマップについてでした。

じゃねー。

f:id:Toh-matu:20181006234638j:plain