冬の飯山線と信濃川

2019年1月1日、思い立って、飯山線に乗ることにしました。

私の実家は新潟なので、飯山線のことは知識の上では知っていたものの、

あまりにも辺鄙なところを走る(失礼しました)飯山線に乗る機会がありませんでした。

 

「冬の飯山線は良いですぞ」

という声にそそのかされて、長野の善光寺への初詣という口実で出かけることにしたのです。

 

飯山線は新潟県長岡市にある越後川口駅から、長野県長野市の豊野駅を結ぶ、●●㎞の長いローカル線です。

全線踏破するのには3時間もかかり、全てが各駅停車(普通列車、臨時列車は除く)となっており、暇つぶしが得意ではない人には余り向かない路線です。

私の場合、車窓を楽しみ、駅での分岐を楽しみ、歴史を楽しむという特殊な性癖があり、

また鉄道に乗ると発情するため、暇すぎて苦痛を味わうということはほぼありません。

 

越後川口駅での飯山線は、上越線に居候している肩身の狭い人、という表現が適当です。

越後川口を出発すると、まず信濃川を大きくカーブする形で越えて、内ヶ巻、越後岩沢、下条、魚沼中条という耳にしただけではどこにあるのかわからないような駅で、空気の入れ換えを行っていきます。あ、ボタン式の開閉ドアなので、お客さんがいなければ換気もしないことになります。

 

f:id:Toh-matu:20190224160447j:plain

十日町駅

乗車30分ほどで、十日町駅(新潟県十日町市)に到着します。

十日町駅は、飯山線の新潟側で唯一「町」と呼べるようなところです。

ちょうど昼時だったため、駅から徒歩10分のところにある「小嶋屋」という蕎麦屋で名物の「へぎそば」をいただきます。

何でも、そばのつなぎに「ふのり」という海藻を使っているとのことで、非常に歯ごたえがあり、つるつる食べることができます。

私は昔から、この「へぎそば」が大好きで、新潟に帰省するときは必ず食べています。

なお、小嶋屋さんには「総本店」と「総本舗」という2つのネーミングがあるのですが、このあたりは触れない方が良いのでしょうか。。

 

景色が良いところは、だいたい不便なところと相場が決まっているように思います。

交通至便な場所に「絶景の●●」があるとは、あまり想像できません。

鉄道は日本全国いろんなところを走っていますが、実は「絶景」とはあまり縁がない乗り物である、と私は思っています。

もちろん景色の良いところはたくさんあると思うのですが、絶景=不便な場所ということになれば、鉄道はトンネルを掘るかして「不便」さから逃れようとします。

なぜこういう話をしたのかというと、飯山線の場合はこの不便さに忠実な路線だからです。

 

飯山線で景色の良い場所はどこか、と問われれば、一番利用者の少ない区間であるというのは一致するところだと思います。

つまり、十日町駅を出てから、飯山駅(長野県飯山市)に着くまでの間の区間です。

ごく一部の駅、一部の時間を除いて、人間を見る事自体がなくなる区間が飯山線の見どころになります。

f:id:Toh-matu:20190224160511j:plain

しっかり除雪されています

土市駅(十日町市)を出ると、飯山線は山の中を這うように進んでいきます。

f:id:Toh-matu:20190224160543j:plain

小さな川を越えていきます


そして出会うのが、信濃川です。長野県では千曲川と名前を変える、日本で最も長い川です。

四方を山に囲まれたなか、飯山線は信濃川に忠実に、長野を目指すことになります。

おそらく、夏に訪れたとしても「絶景」なのでしょうが、私は冬をおすすめします。

 

もったいぶるのは良くないと思いますので、ぜひこの風景を見ていただきたいと思います。

f:id:Toh-matu:20190224160626j:plain

f:id:Toh-matu:20190224160629j:plain

f:id:Toh-matu:20190224160632j:plain

f:id:Toh-matu:20190224160636j:plain

f:id:Toh-matu:20190224160639j:plain

f:id:Toh-matu:20190224160642j:plain

信濃川に沿って走ります

 

写真で見るのも良いですが、ぜひ真冬の飯山線を訪れてみてください。

 

なお、この日の一応の目的地は長野の善光寺です。

長野駅はさすがに大きな駅で、人間もたくさんいます。いや、たくさんいすぎます。

善光寺へと向かうバスも、多くの人が乗車しています。

 

1月1日つまり元日の善光寺、気軽にいけると思った私が悪かったのです。

f:id:Toh-matu:20190224160819j:plain

元旦の善光寺…

本堂へたどり着く前に日が暮れてしまいそうな気がしたので、「遠くから失礼申し上げます、あけおめ」と心の中で合掌。長野駅へ戻りました。

 

冬の飯山線、いいなぁ。