急な出張が決まってAirbnbを利用する予定の話

f:id:Toh-matu:20181009231729p:plain

昨日、仕事仲間から連絡がありまして。

「Tohさん、今週末空いてる?セミナー講師やる?」

と、いきなりのお誘い。

  

本当に、いきなりですね。

 

もともと講師をするはずだった方が、さまざまな事情で来れなくなったらしく

(いつも暇な)僕に白羽の矢が立った、というわけです。

 

「そんな急に言われても困るなぁ。僕だって忙しいんですよ!

もちろん行きます。よろしくお願いします

 

以前にもこんな話があったような気が…

そうだ、書き物をストックしていたら急な仕事に対応できたことがありました。

www.toh-log.com

 

なぜかピンチヒッター的なお仕事をいただくことが多い僕。

以前はピンチヒッターで半年間のお仕事をしていたこともあります。

 

もちろんホテル代も出るのですが、困ったのが関西のホテル事情。

土日でお仕事があるのですが、とにかく大阪のホテルがない。

恐るべし、インバウンド。

 

カプセルホテルはぽつぽつ空いているのですが、これは却下。

  1. プライベートな空間ではない
  2. 夜ねれない(他の方のいびきが気になる)
  3. そもそも滞在に向かない(仕事できない。寝るだけ)

仕事なので、高級ホテルに泊まるわけにもいかず。

 

あ、Airbnbがあった!と思い至ったわけです。

僕はわりとエアビーを利用していまして、ひとり合宿や現実逃避で泊まることが多いです。 

www.toh-log.com

 

探してみたところ、結構あるんですね。

民泊の法律ができて、日本国内の物件はかなり減少しました。

民泊、規制するのではなくちゃんと育てていけば色んな可能性があったのに。

 

実は、出張でAirbnbを使うのは初めてです。

(ひとり合宿も仕事といえば仕事なのですけどね)

Airbnbでも出張対応の物件があることはわかっていました。

 

昨年の記事ですが、Airbnbの出張利用は前年比(2016年比)で33%増加したとの記事があります。

日本ではまだまだ、「出張はホテル」というのが一般的なようです。

別にビジホにこだわる必要はないと思うのですが、なぜでしょうね。

zuuonline.com

 

以前、富山旅行で良いビジホに出会えたという話をしたことがあります。

床で生活派の僕は、ビジホなのに館内は土足禁止というコンセプトに惚れました。

富山に限らず、各地にこういうホテルが増えてくれると面白いんですけどね。

 

www.toh-log.com

 

さて、今回予約した部屋は週末に利用します。

この部屋が仕事に使うのに耐えられるかどうか、またレビューします。

 

ちなみに、仕事上は金曜と土曜の2泊だけでOKなのですが、

せっかくだから(暇だからじゃないよ!)、ひとり合宿もセットにすることにしました。

 

つまり、木・金・土の3泊4日で予約することにしました。

楽しみだなぁ。

 

・またまた利用、ぷらっとこだま

新大阪までの移動、大定番の新幹線「のぞみ」

以前に名古屋で仕事があった時は「こだま」の格安プランを利用しました。

 

www.toh-log.com

 

「こだま」を利用するなら名古屋くらいが限度かなぁと思っていたのですが、

これは実際に乗ってみないとわからないだろうということで、

ぷらっとこだま(ぷらこま)のツアー商品を購入してみたわけです。

 

東京〜新大阪で「のぞみ」と「ぷらっとこだま」を比較してみると次のようになります。

・のぞみ 約2時間30分、14450円

・ぷらこま 約4時間、10500円(+ワンドリンク引き換え)

 

「のぞみ」と比べて、4000円ほど安く、1時間ほど遅いわけですね。

ちなみに僕の場合、ぷらこまでは必ずグリーン車を利用します。

新大阪だと+1500円なので12000円になります。

「のぞみ」でグリーン車を利用すると19230円。

なので、価格差はなんと7230円です。ぷらこま優秀。

 

特定の時期を除き、ぷらっとこだまは空いています。

そうでしょうね。移動時間が4時間ですからね。

のぞみなら2時間半です。

 

でも、新幹線の移動を「移動させられている」と考えるから、4時間が長く感じるんです。

新幹線グリーン車の「移動」時間は、そのまま「優雅な環境で仕事をする時間」ととらえ直せば、

4時間というのは何をするにも十分な時間になります。

 

グリーン車ではプライベートな環境がある程度確保されるので、

真面目に仕事をしたり、

読書をして息抜きしたり、

お酒を飲んだり、

寝たり

 

といったことが一通りできます。

名古屋出張のときはこれら一通りを実行しまして、「もうちょっと時間が欲しいな」

と思ったのです。

なので、今回は新大阪までの4時間、どのように過ごせるのかを試してみたいと思います。

 

ちなみに、

ぷらっとこだま、これは切符ではなく「ツアー商品」です。

(制度の隙間をかいくぐるようなこの手の商品、僕はどうかなぁと思っていますが)

 

なので払い戻しできないし、前日までに購入する必要があります。

JR東海ツアーズまで行くのが若干面倒なのですが、これはまぁ仕方ないこととしましょう。

 

週末、楽しんできます!