MUJI passportアプリは本当に使えるアプリなのか??

f:id:Toh-matu:20181021231134j:plain

無印良品。独自のコンセプトのもと、シンプルで機能的、そして美しい商品を開発、販売している会社です。

 

ムジラーという名前がある通り、ファンの多いブランドでもあります。

かくいう僕も、ベッドや衣装ケース、小物などを無印良品で揃えています。

無印の製品って、美しいだけじゃなくて品質も相当なものなんですよね。

最近はニトリも頑張っていると思いますが、それでも機能性を考えると無印を選ぶことが多いです。

  

無印良品を使う上で外せないアプリがMUJI passportでしょう。

不定期?に開催される10%引きセールでは大活躍する、あのアプリです。

あと、例えばルミネカードと併用すれば15%引きにもなります。

とってもお得だと思われるアプリなのですが、今回は「普段使い」でも使えるアプリなのかを検証してみます。

 

結論から言えば、MUJI passportアプリは10%引きセール以外では「意外と使えない」アプリです。

「ここを直して欲しいなぁ」という点を含めて見ておきましょう。

 

・10%引きクーポンは絶対外せない特長

 

f:id:Toh-matu:20181021231623j:plain

 

これは利用している人も多いと思います。

なにせ、アプリ(と会員登録)がない人は受けることのできないサービスです。

「欲しいものがあるけど無印良品週間まで待つ!」という人も(僕の周りでは)多いです。

 

かくいう僕も、ベッドや衣装ケースのまとめ買いなどで大活躍しました。

ありがとうございます。

 

・MUJIマイルは(ぶっちゃけ)使えない

アプリの特徴であるマイル機能。購入の際にレジで会員証を見せると、購入金額に応じて「マイル」が貯まっていくシステムです。

f:id:Toh-matu:20181021232006j:plain

 

具体的には1円=1マイル。↑の画像では、約1万2千マイルが貯まっています。

ということは、1万2千円分購入したということですね。

 

さて、ウィークポイントというか、物足りない部分を見ていきましょう。

 

①マイルを貯めてもらえるショッピングポイントが…

マイルというシステムはとても良いものだと思っています。

「これだけ買い物したんだ」「もうちょっとでマイルが貯まる!」というのが一目でわかるので、結構なインセンティブが働くと思うんです。

ただし、マイルを貯めてもらえるショッピングポイントを見ると、ちょっと萎えます。

f:id:Toh-matu:20181021232303j:plain

 

もちろん、僕の主観ですよ!

合計2万円の購入でもらえるショッピングポイントは200円。

つまり、次回使える200円引き券です。

 

還元率、1%。無印良品で2万円分も買う人ってどれくらいいるんでしょうね?

僕はわりと余裕で購入するのですが、しょっぱなからハードルが高いです。

 

②還元率が減っていく…

もう一度、画像を確認しましょう。

f:id:Toh-matu:20181021232503j:plain

買えば買うだけポイントがもらえる!

というのが、望ましいシステムだと(個人的に)思っているのですが…

MUJIは厳しいです。ちょっと計算してみましょうね。

 

・2万マイル=200ポイント(還元率1%)

・5万マイル=300ポイント(還元率0.6%)

・10万マイル=500ポイント(還元率0.5%)

・20万マイル=1000ポイント(還元率0.5%)

・それ以降は10万マイル=1000ポイント(還元率=1%)

 

つまり、

年間2万1円のお買い物か、

年間20万円以上の10万円単位のお買い物

をする人だけがお得になるシステムとなっているんですね。

 

僕はこれをみて一気に萎えたことがありまして、一度アプリを削除したことがあります。

無印良品週間で買い物をしたくなり、アプリ復活させましたけどね。

この還元率では、買い物をしたくなる気分にはあまりなれないと思います。

しかも、2万マイルの次は5万マイル。ちょっと開きすぎでは…?と思うのは僕だけでしょうか?

 

③有効期限が短すぎる

さきほどの画像、一番下をみてください。

「所有しているMUJIマイルとステージは毎年2月末日にリセットされます。」

つまり、どんなに買い物しても2月末日をもって、いったんリセット。

3月から再びゼロマイルからスタートすることになるんです。

 

これはさすがにどうにかしてほしい。

なぜリセットする必要があるのか(消費者の側からは)わからない。

しかもなぜ2月。

 

2月1日にアプリを使い始めたら、マイルの有効期限は1ヶ月もないということになります。

提案としては「最終のご利用から1年を経過後にリセット」ならまだわかります。

無印を愛用していてもしてなくても、毎年1回リセットはインセンティブが働きません。

 

ここで重要なのは、僕は決して

たくさん値引きしろ!

とは言ってないんです。

 

マイルというのは「マイレージサービス」のことですよね。

もともとは、航空会社が会員を囲い込むために始めたサービスです。

会社の側から見れば「囲い込み」になりますが、

もうちょっと優しい言い方をすれば、「お得意さんをつくる」

僕らの側から見れば、「長く使いたくなるようなサービス」という意味です。

 

現状のMUJIアプリは、この点が抜け落ちています。

 

・たくさん買い物をしても、あまり割引がない。

・長く利用しても、必ず1年でリセットされる。

 

無印良品は大好きです。これは変わりません。

ただ、このアプリを末長く使おうとは、思えないのです。

 

ただでさえ、会計のたびにアプリを開いて→会員証をタップして→それをレジで読み取ってもらいたいのにバーコードを認識しなくて→双方イライラ。

あえて言ってしまえば、余計な動作をしている(させている)のです。

 

なので、無印良品週間の時だけ使う、ということにもなりかねないのです。

 

マイレージサービスを無印良品に導入するというのは、とても良いアイディアだと思うので、ぜひこの点を改善してほしいなぁと思います。