長野駅で蕎麦を食べるならナカジマ会館

遠方での仕事を終えたときにまず考えるのが、

「どのルートで帰ろうか」ということです。それ以外何も考えません。

 

大阪で仕事をして東京まで戻るなら、まず近鉄に乗ります。そして名鉄に乗ります。

高崎で仕事をして東京まで戻るなら、まず八高線に乗ります。そして東武東上線に乗ります。

 

ちょっと一工夫(ひねくれているともいう)すると楽しい帰途になります。

ちなみに「其の道の人」もしくは「ある種の病気」じゃないと楽しめませんのであしからず。

 

今回は名古屋での仕事を終えたときのこと。

年末だったため、そのまま新潟まで帰省しようと思い立ちました。

名古屋から新潟。日本の背骨であるアルプスをはさんで、斜向かいに位置する都市です。

 

名古屋→米原→富山→新潟というルートがあります。一般的なオススメ度40点。

名古屋→東京→新潟というルートがあります。一般的なオススメ度100点、ただし料金が高い。

当然僕が選んだルートは以下の通りになります。

 

名古屋→長野→飯山線→長岡→新潟。一般的なオススメ度0点。

四角形の対角線に忠実な移動を目指すのです。

 

名古屋から長野までは簡単ですね。中央(東)線の特急「しなの」で1本です。

なお、松本から長野までは車窓がオススメです。3時間以上電車に乗ることができる方のみ、どうぞ。

 

長野駅。お寺巡りが好きなためか、善光寺には何度かお参りしたことがあり、馴染みの深い駅です。

改札口を出て、駅ビルに入る、ちょうどその先にあるのが「ナカジマ会館」です。

会館とありますが、立ち食い蕎麦屋なのです。

 

「なぜ立ち食い蕎麦屋なのに、ナカジマ会館なの?」と不思議に思っていたところ。

この日の昼食はここにします。

 

f:id:Toh-matu:20181231164126j:image

食券式になっていて、「きのこ蕎麦」を選びました。

山の幸といえば、やっぱりきのこ。写真では分かりにくいですが、結構な量のきのこです。

壁には「ナカジマ会館」の由来が書かれてありました。引用しましょう。

 

信州ナカジマ会館そばの由来

創業明治21年のナカジマ会館は、戦後間もなく食糧事情も好転した所、

当時の鉄道局長の「そばの販売をしたらどうか」という言葉にヒントを得て、

立ち食いそば店を開業しようと考えました。

【省略】

昭和25年12月28日、国鉄より承認を受けた後、長野駅ホームと待合室にそれぞれそば店を開業。

その味は、旅行客をはじめ地元の人々に親しまれました。

駅と共に愛されてきたナカジマ会館も休業期間を経て平成27年3月7日、新しくなった長野駅に復刻。【後略】

 

飲食店や不動産業がメインらしいのですが、こうして長野駅の「駅そば」を守っているのがこのお店なのです。

ダシは少し濃いめ、蕎麦は長野らしく「無骨な味」とでもいいましょうか。

新潟の蕎麦とはちょっと違う感じがします。

長野駅の歴史と共に歩んできたナカジマ会館、ぜひご賞味あれ!