【東京から名古屋】ぷらっとこだまグリーン車でのんびり仕事と睡眠を。

みなさんこんばんは!

 


先日、仕事で名古屋に行ってきました。東京を離れる機会があってほんとありがたいです。


東京〜名古屋ってどうやって行きます?
だいたい新幹線じゃないかと思うんです。

伊豆半島の土肥まで行ってフェリーで清水に抜けようと思ったんですけど、断念しました。

 

名古屋へ行く際にいつも利用するのが「ぷらっとこだま」です。

まずは東京〜名古屋の料金を確認しましょう(通常期の片道)

 

 

 

 

所要時間

普通乗車券(のぞみ)

普通車

11,090

約1時間40分

グリーン車

14,680

ぷらっとこだま

普通車

8,300

約2時間50分

グリーン車

9,300


一目瞭然ですが、早さをとるか、お金をとるかですね。
もちろん、高速バスもあります(最安で3000円くらい)が、6時間もかかるので選択肢から外しました。だったら鈍行乗り継いだ方が楽しそうだしw

 

今回ぼくが利用したのは、ぷらっとこだまのグリーン車です。
のぞみ普通車よりも安く、しかも約3時間ゆったりと移動できます。

 

でも、なぜのぞみに乗らないのか。

 

ちょっと前までは、のぞみを利用していました。いくつか理由があって使わなくなりました。

 

  1. とにかく人が多い。狭い空間にぎっしり。
  2. 車輌全体が酒臭くなるときが多い(特に夜)
  3. 隣に人が座っている
  4. お客と言うよりも運搬されている荷物みたいな感覚になる

 

仕方ない面が多いですね。夜、仕事が終わった働き人のみなさんがお酒を嗜むことを否定するものではありません!
ぼくだって酒飲むし。
でも車輌全体がくさくなるのは、ちょっと嫌です。乾き物のにおいも結構なもんです。

 

「隣に人が座ってて嫌」というのは、理不尽な理由ですよね。分かっています。
でもいないに越したことはないですよね。
あとは多分に精神的な問題ですが、どうしても家畜運搬車っぽい感じがしちゃうんです。


ぼくにとって移動は楽しいものなんです。旅行好きだし。
しかし、のぞみにはそれがないんですよね。分かってくれる人、いないかなぁ。

 

ぷらっとこだまを紹介する記事ですが、こだまに乗らないときもあります。
あとでも言いますが、これは前日までに予約が必要な「ツアー商品」です。


乗る時間がはっきりしていなかったり、新大阪まで行く場合は「ひかり」に乗ります。

 

「ひかり」は「のぞみ」よりも2〜3駅多く停車します。
(だいたい静岡、浜松。それに熱海、三島、豊橋のどれかに止まるイメージ)


こだまをだいたい追い抜くので、駅での待避時間も少なく、のぞみよりも数十分遅いくらい。
そして空いている。

「のぞみ」に乗らない理由はこれくらいにして、本題に入りましょう。

 

「ぷらっとこだま」は切符ではない

金にがめついJR東海にしては大幅に値引いてくれる「ぷらっとこだま」ですが、3つ注意しなければならないことがあります。

  1. きっぷではなく「ツアー参加券」である
  2. 前日までに買う必要がある
  3. 変更できないため、キャンセルして買い直す必要がある

列車に乗るからきっぷだと思いがちですが、ぷらこま(勝手に略しました)は、
個人が参加する、JR東海ツアーズ(JR東海の子会社です)主催の、企画ツアーです。
なのでぷらこまを購入すると「旅程表」ももらえます。ほとんど見ないけど。

 

ツアーになるため、当日の購入は不可
しかも切符じゃないので自動改札口も使えない。
→「(在来線から)新幹線乗り換え改札」か「新幹線改札口」で駅員さんに直接見せる。
購入するときは乗る列車(新幹線)を指定する。乗り遅れたらアウトー。

 

「ツアー」なので、当たり前ですが切符と比較して制約が多いです。仕方ないね。

仕方ないのかな?普通の切符で大幅に割引するだけの話だと思うんですけども。

 

ぷらこま、繁忙期でない限り、基本は空いています。


ぼくが利用しているグリーン車は、名古屋まで1両に4人しかいませんでした。
なぜ人気が無いのかと言えばこれは当たり前で、遅いからですね。
各駅に止まり、さらにほとんどの駅で「のぞみ」「ひかり」に抜かれるため長時間停車。


そりゃのぞみに乗りますよね。

 

それでもぼくは、ぷらこまをオススメします。その上で、普通車ではなくグリーン車を強くオススメします。

 

f:id:Toh-matu:20180903164644j:plain


その理由は

 

  1. ほとんど人がいないのでゆっくりできる
  2. 変な人はほとんどいない
  3. 仕事、勉強、睡眠、飲酒をすべてほどよく楽しめる

 

とくに閑散期の場合、グリーン車には誰もいません。
もちろん隣に座る人もいません。半分プライベートな空間です。

 

以前の記事で、「人目がないと仕事できない」って書きました。

 

 

toh-log.hateblo.jp

 


完全に個室だとやる気出ない、でも人が多すぎてもやだ。
わがままか!
グリーン車はちょうどいいです。ほとんど人はいませんが、少しいます。
グリーン車なので頻繁に車掌さん通ります。ちょうどいいです。

 

変な人ほとんどいない
これはニュアンスが難しいですが、グリーン車なので大声でわめく人や泣き声とは無縁です。

 

仕事、勉強、睡眠、飲酒をすべてほどよく楽しめる

 

これが一番です。

東京〜名古屋におけるぼくの活動パターンを列挙すると。

 

  • 乗車して崎陽軒のシウマイを食べる
  • 読書する
  • ちょっと飲む
  • 寝る
  • 仕事する

の順番になります。

 

f:id:Toh-matu:20180903164705p:plain

 

ぼくには変なこだわりがあり、
東北・上越・北陸新幹線など北のほうに行くときは「おぎのや峠の釜めし
東海道新幹線の西、南へ行くときは「崎陽軒のシウマイ
を必ず食べます。両社とも工場見学するくらい好きです。

 

今回も、シウマイ…じゃないんだなぁ。
どこに行っても売り切れで、「シウマイまん」を買いました。崎陽軒謹製。
味は…もう買わないかな!

f:id:Toh-matu:20180903164517j:plain

 

そのあと読書(鬼平犯科帳とか)
ワインを飲みました。
これもぷらこまを利用する理由です。ぷらこまにはドリンク引換券がセットになっています。
いちおうツアーなんでね。

 

ペットボトルのジュース、350ミリのビール、500ミリ以下のお酒、小ワインは+170円でOK。


たくさん(酒を)飲みたいなら500ミリの缶酎ハイで決定じゃないか!
今回は昼間なので優雅にワインを飲みました。この引換券はJR東海の領土で使うことができます。NewDaysでは使えませんよ。

 

で、名古屋での仕事を確認して。そのあとこの記事を執筆しています(いま豊橋に着きました)

 

鉄道って、軽く何かに集中するのに適していると思いませんか?

 


ぼくは以前、青春18きっぷを使い、熱海から黒磯までグリーン車に乗ってぶっ通し読書したことがあります。
もうやりたくないですが、それくらい読書にはピッタリの環境だと思うんです。

 

で、仕事はそこそこできます。
静かな車内ですから、キーボードの打刻音にはくれぐれも注意した方がいいです。
個人的には、読書して、アウトプットする必要があるものはスマホなどに記録→ホテルでMacがベストかなと思っています

 

睡眠はもちろんチョベリグです。リクライニングして寝ましょう。
こうしていると名古屋なんてあっという間です。一人の時間をぜひ楽しんでください。

まとめます。

 

  1. 安くグリーン車を利用して贅沢な時間とスペースを確保
  2. 読書、仕事、飲酒、睡眠で頭すっきり
  3. 乗り遅れ厳禁、購入期日は絶対に忘れるな

以上です。ぜひ良い旅を!