新元号「令和」をめぐる不思議な動きと時系列の整理

4月1日、新しい元号が発表された。私は、発表されてからしばらくの間の動きを見ていて「おやっ」と思うことがいくつかった。それをもって新元号を論じるつもりはない。

 

新しい元号がどのように決まったのかについては、それに関わったご当人が口を開くか、もしくは30年以上未来に公文書が公開になってから、専門家の方々が考察なさることであると考えている。

今回は、新元号の決定過程そして、新元号をめぐって出された「考察」までを時系列に沿って見ていく、ただこれだけのことをやってみようと思う。

 

  • 2月22日 安倍晋三首相、皇居と東宮へ
  • 3月1日 「新元号"絞り込み"最終段階…日本古典も」*1
  • 3月上旬 中西氏、新元号に「私は関係していない」*2
  • 3月13日 国文学、漢文学、日本史学、東洋史学などの学識経験者に委嘱と公表*3
  • 3月14日 「考案者の皆様方に3月14日、正式に委嘱した」*4
  • 3月20日(頃) 「令和」が元号案として登場。*5
  • 3月27日 「日本と中国の古典の両方を出典とすることも検討」*6
  • 3月29日 「新元号、予想ランクは回避方針」*7
  • 3月29日 安倍晋三首相、皇太子と面会
  • 4月1日(時間不明) 新元号「令和」の考案者が中西進氏であることがわかる*8
  • 4月1日 衆参両院正副議長からの意見聴取
  • 4月1日11時5分 全閣僚会議(予定よりオーバーして)11時25分終了*9
  • 4月1日11時26分 杉田官房副長官→山本宮内庁長官への電話
  • 4月1日11時35分 山本宮内庁長官が御所に到着、天皇に新元号を伝える
  • 4月1日11時41分 菅義偉官房長官による発表(11時30分開始予定)
  • 4月1日12時過ぎから以下の情報が流れ始める

 

 

 

時系列を見てみると、3月中旬に「何か」が起きたと思われますね。

もう少し探ってみます。

※情報が入り次第、更新するつもりです。

 

*1:日テレNEWS24

*2:共同通信

*3:参議院予算委員会における吉岡内閣参事官の発言

*4:3月24日、菅義偉官房長官の発言

*5:TBS番組における田崎史郎氏の発言

*6:日テレNEWS24

*7:朝日新聞

*8:共同通信

*9:時事通信4月4日