富山駅の南北移動が不便すぎた話【南北自由通路の早期開通を!】

まだまだ続くよ富山の話〜

 

今回、富山で泊まったホテルは「コンセプトホテル和休」。南口でございます。

神社巡りをするために利用したタイムズカーシェア。北口でございます。

 

今回は南口と北口の移動が不便だったけど、なんでこんなに不便なの?という内容です。

 

 

富山駅は現在、在来線の高架化を目指して工事中であります。

その工事が終わったあと、南北自由通路が開通するんですってね。

 

新聞にこんな記事がありました。

www.nikkei.com

 

「本当は2019年秋の開通だったけど、春にするよ!」っていう記事です。

 

富山の(特にお偉い方の)皆さん、大丈夫ですか?

あと半年ちょっと、この不便さを強いるおつもりですか?

 

前提として、南口にホテルをとったのにもかかわらず、北口のステーションで車を予約した僕が悪いんです。

ただそれは、

 

南北移動には手間がかからないという判断があったからなんです。

まさか南北移動がここまでバリアフルとは思いませんでした。

 

当日の一の宮神社巡りのため、富山駅到着後、車を借りることを計画していました。

富山駅北口のカーステーションの説明が次のリンクになります。

 

plus.timescar.jp

 

富山駅に着いてから、ステーションへの道を確認しようと思ってページを開いたら、やけに「遠回り」した道順が示されていたんです。

 

f:id:Toh-matu:20180910175856p:plain

 

「あれ〜?これはおかしいなぁ〜」

いちど南口を出て、地下に潜り、地下道を延々と歩いて、地上に出て、また歩く。

 

地図だけを見て予約したぼくの失策ですね。

地図で確認したところ、たぶん徒歩3分くらいかなぁ、一番近いな!ってので予約したんですが。

まさかここまで回り道するとは思いませんでした。

 

(今度から駅からの距離ではなくて「出口からの距離」で予約しよう!という教訓ができましたよ)

 

旅行にきていたわけなので、荷物は多いです。この荷物を引きずりながら、地下道を歩くわけですね。

 

f:id:Toh-matu:20180912174138j:plain

 

ちなみに、こんなことしなくても在来線乗り換え改札で手続きをすれば、在来線を通り抜けることができます。

東京に戻ってから、この情報を知りましたンゴ。 

ちなみにこの「北口への移動」方法、歩く距離が長い上に階段も多く、僕だったら選びません。

 

なんでこんなに不便を強いるんでしょうか。

いろいろな事情があったとはいえ、新幹線開業と同時にやるべき問題ではありませんか?

 

 

2015年のツイートですが、まさにその通りになるんですね。

というか、2015年から指摘され続けているのかぁ。

 

富山って、とくに交通に関してすごく先進的であると考えています。

富山港線のライトレール化、富山市内線とポートラムの接続など。

でも、その中心となるべき富山駅がものすごく使いにくい。

 

 

2019年春とはいわず、もっと早く自由通路をつくるべきでした。

ちなみに、「いろいろな事情」というのは、高架化の遅れが理由です。

 

www.chunichi.co.jp

 

当初の計画では、高架化は一六年度までに終わるはずだった。ところが、建物が密集する狭いエリアで、鉄道を運行しながら仮線の設置と高架化を繰り返す工事は、想定していた以上に時間がかかった。県は工期を二二年度までに延長し、国の認可を取り直した。

 

上記記事からの引用になりますが、市街地で鉄道を運行しながらの工事は非常に難しいことが分かります。

 

もう一つ。

富山駅の南北移動問題は、歩行者だけではありません。

車も同じです。

 

冒頭で書いたように、今回の富山旅行ではホテルが南口、カーシェアが北口でした。

車を利用し終わり、まずは荷物をホテルに移そうということになりました。

ふたたび地下通路を、荷物を引きずりながら歩く余力はありません。

 

そして、南口から北口に車を移動させたのです。

なぜか渋滞にはまりました。

 

市街地なので車が密集することはわかったのですが、想定の倍以上の時間が掛かりました。

 

富山市と富山県、あと地鉄。がんばれ!